このサイトについて

持続可能な都市・東京

私達先端都市建築研究部門は、江戸東京(外濠・神楽坂)の「持続可能な都市東京の再生」と、それを生きた題材とした「伝統と革新に軸足を置いた建築防災の展開」を主な研究分野としています。

近代化産業化が高度に進行した今日の都市環境、都市生活に関わる諸課題は、その多くが、複合的相関的な事柄に起因しており、細かく専門分化された個別研究分野の成果だけでは、こうした課題を克服した、サステナブルかつレジリアントで、良好な都市環境を形成、維持、経営することが困難になっています。

そこで、本研究部門は、実践的な都市形成の統合システムを構築し、都市計画にかかる政策に資する具体的科学的知見として地域に還元することを目ざして設立されました。

研究成果

  • シンポジウムの開催
  • 行政への提言

今後の計画と展望

建築の様々な分野のスペシャリストと連携を取り、その相乗効果で、我々の東京理科大学の根底となる神楽坂をはじめとした地域に貢献していきます。